×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

借金整理方法としての、自己破産について@

好き好んで、借金をしている人はいないと思います。いろいろな理由で、思わず、借金をして、 気が付けば、返済が困難な多額の借金を抱えこんでしまっていた..という人は多いと思います。 現在の収入と今後の収入の見通しなどを冷静に判断した時に、誰が見ても、現在の借金を 正常に返済してゆくのは無理と判断した場合は、早急に、対策を立てる必要があります。 負債や借金の整理をする方法はいろいろありますが、その一つとして、個人消費者の場合は、 自己破産という手段があります。 自己破産というのは、会社でいえば、倒産で、会社が倒産すれば、債権者が債権を平等に 確保するために、債権者側から裁判所に対して破産管財人を立て、自己破産の申し立てをするものです。

スポンサード リンク

借金整理方法としての、自己破産についてA

しかし、個人消費者の場合は、債権者から破産を申し立てることは殆どなく、債務者自身が 裁判所に破産を申し立てます。これを自己破産といいます。 多額の借金をしてしまい、返済が極端に困難になっている時に、普通は弁護士を通じて、 借金整理の手段として、自己破産の申し立てをします。 裁判所が審理をし、自己破産やむなし、と判断されれば、受理されて手続きは進みます。 破産が決定されると、債権者側は、債務者に対して、債権の請求は出来なくなります。 借金整理方法としての、自己破産を裁判所に申し立てするには、普通は弁護士を通じて 行いますか゛、自分だけで、弁護士に依頼することなく、申し立てることは可能です。 しかし、破産法という法律を少しは勉強することも必要ですし、手続き方法についても、 知識が必要になりますので、やはり、弁護士に依頼するのが良いと思います。

自己破産者に対する制限ついて

借金整理方法としての、自己破産というと、なんか、大変なことで、 いろいろ生活してゆくうえで、制限があったりして 自己破産だけは、したくないと考えている人もいると思いますが、 思っている以上に、借金整理方法としての、自己破産は大変なことではないです。 デメリットとしては、クレジットが使えなくなること、銀行などからの借金が出来なくなること、 金融業会のブラックリストにのること..などはありますが、 生活してゆく上で、大きな支障はほとんどありません。 新たな生活、人生を借金0から再スタート出来るのです。 破産が決定したあとは、例えば、多額の宝くじに当たっても、過去の負債、借金に対して返済する 義務は全くありません。自己破産後の制限はほとんどないといってもいいです。 自己破産が受理されないケースもあります。 ギャンブルや浪費が原因の借金の場合。 本当は、資産があるのに、資産を隠して申し立てをした場合。 一部の特定の債権者にのみ、返済をするなど、不平等な返済が知れた場合。 などです。

Copyright © 2008 借金整理方法と法律|自己破産